取り組み - 配管・溶接は株式会社リュウト

future

取り組み

水素関連事業の取り組み「水素関連プラントにおける大口径配管の手動溶接技術」

事業内容

水素関連プラントにおける大口径配管の手動溶接技術

名称:水素関連プラントにおける大口径配管の高品質かつ均一な手動溶接技術

・ 大口径配管の高品質かつ均一な手動溶接を実現するために、パイプローラー等を新たに導入して配管材料の回転制御を行い、溶接の進行とともに変化する溶融金属の形状に対応すべく周速、入熱等の条件をきめ細かに制御し、溶接条件の最適化を図った。

 ・ 本技術の確立により、溶接品質を向上させるとともに、溶接速度を20%上げ、生産性が向上した。また、経験の浅い溶接施工者も熟練工と同等の大口径配管の溶接が可能となり、作業負担の平準化にも寄与した。

山口県 – 報道発表「環境・エネルギー関連分野における事業化案件について(株)リュウト」

2018年水素・燃料電池展

2018年2月28日~3月2日に東京ビッグサイトで開催された水素・燃料電池展に出展いたしました。

水素・燃料電池展

水素関連産業 勉強会 – 動画

 

事業化の想い

水素を利用する際、「二酸化炭素を排出しない」という特性を活かして、電気や熱をムダなく取り出すことができます。また、水素の製造段階においても再生可能エネルギーを活用することができます。したがって、製造から利用まで、脱炭素化を図ることが期待されています。 わたしたちリュウトも未来につながるものづくりとして、この水素社会の実現に向けて、水素関連事業の取り組みとして水素配管の製作などを行っております。

PAGE TOP